Loading

ブログ

根管治療とは(パート4)

根管治療の目的は大きく分けて

1.黴菌を除去すること

2.再び侵入してくるのを防ぐこと

という2つがあり、前回は1. について歯の上の部分(いわゆる「歯冠部分」)についてのお話をさせていただきました。

 

今回は「歯根部分」ついてのお話です。

写真にもある通り、歯根部分には細いひも状になった神経の入っていた「管」があり、この「管」をきれいにすることが「根管治療」なんですが・・・・この細い管をどのように「きれい」にするのでしょうか?

過去、現在を通して様々な機械や器具がありますが、主に「ファイル」と呼ばれる「ヤスリ」を使って掃除します。Kファイルの写真です。

Kファイルは、主に保険治療で使用されているスチール製の器具で、先が非常に細く取り扱いが難しいのですが、細い割には丈夫で、安価なため多くの歯科医師が利用しています。これを「管」にいれてゴシゴシと擦り、バイ菌や汚れを取り除くのです。このKファイルは細くて丈夫という反面、硬くて曲がりにくい、先細りの角度が緩いという欠点があります。
「管」のアップです。この管は真っ直ぐではなくて「曲線」になってます。

Kファイルの「硬くて曲がりにくい」というのと相性が良くないです。この「管」に硬いKファイルをゴシゴシ入れても、曲がりにくいので、一番先の方まで入っていかないケースが多く見られます

この場合はどうすればいいのでしょうか?

関連記事

  1. 根管治療って何?(パート2)
  2. 根管治療とは?
  3. 根管治療とは(パート5)
  4. 根管治療後の安定性について
  5. 神経は抜かない!
  6. 根管治療後の安定性について
  7. 根管治療とは?(パート6)
  8. 破折ファイル除去

インプラント(基礎知識編)

インプラント(メインテナンス編)

PAGE TOP