Loading

ブログ

デンタル・ショウ in  北京

デンタル・ショウ

デンタル・ショウ

6月10日・12日とお休みをいただき、北京に行ってまいりました。

師匠の一人であります、貞光先生と共に「日本の精密な治療」を伝えに行ってまいりました。中国における日本の企業紹介の中の一環での発表でした。

中国の先生方は比較して、熱心で、「何が何でも聴いて帰りたい」という熱気を感じました。会場は満員盛況で入場者制限がされていました。

他の演者の先生方の発表も見たかったのですが、一度会場を出てしまうと入れなくなるのが怖く、向こうの先生の発表を見ることができず、少し寂しい気持ちもありました。

日本にはGC社という歯科のトップ企業の一つがあります。そのGC社さんのブース内のでは発表でしたが、そのGC社の社長とお話できる機会がありましたが、いろいろと学ばさせていただきました。

日本が本当に輸出すべきは「フィロソフィー」である。という言葉。重く受け止めて、恥じない治療をしてまいりたいと思いました。

精密で、抜歯をできるだけしない。頑張っていきたいです。

また、一緒に行った勝部先生・谷尾先生からも多くのことを勉強させていただきました。お二人とも熱い!!素晴らしいです。

ありがとうございました。

関連記事

  1. 日本矯正歯科学会に参加しました
  2. 小児歯科学会に行ってきました
  3. 山崎先生古希お祝い
  4. 歯内療法学会研修会
  5. ROOTS SUMMIT ご報告
  6. 日本矯正歯科学に参加しました!
  7. 歯科審美学会での発表
  8. 歯内療法学会研修会

インプラント(基礎知識編)

インプラント(メインテナンス編)

PAGE TOP