Loading

ブログ

よい歯医者の条件(被せ物編)

患者様から良い歯医者の選び方がわからないと言われました。
被せ物を作る上で、という観点から書かせていただきました。
参考になれば幸いです。

被せ物は歯にピタっとくっついているのが理想です。
もし、くっついていないと、上記の絵のように問題を起こします。
そこで、ピタっとくっつけるようにするには、どのような工夫をしているのでしょうか?

1.丁寧に歯を削る
2.型をとるときに糸を使う

良い型というものは「ここまでが歯。ここからが歯茎」と境界が明瞭です。この歯の端っこのことを「マージン」といいます。

よい歯医者の基準です。(自費治療、高額な治療で)型をとるときに糸を使う歯科医院がいいところです。

技工所さんにうかがいますと、「マージンがしっかり見えると、被せ物が作りやすい。見えていないと、なんとなく作るしかない」と言われます。ただ、稀に糸を入れなくても、上手に型を取られる先生がおられます。かなり特殊なケースです。ですから「糸を入れる・入れない」が「良い歯医者の最低条件」と考えて良いと思います。

関連記事

  1. 顕微鏡を使った治療 銀歯編
  2. 根管治療後の安定性について
  3. 影響を受けた先生方③
  4. 日本経済新聞9月18日 夕刊
  5. 神経をとらない治療・歯を抜かない治療
  6. むし歯の話(ステファンカーブ2)
  7. 矯正治療(成人)に関して
  8. 影響を受けた先生方①

インプラント(基礎知識編)

インプラント(メインテナンス編)

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

クリニック情報

福山デンタルクリニック
JR「甲南山手駅」
徒歩3分

電話番号

TEL:078-431-4444

住所

〒658-0011
兵庫県神戸市東灘区
森南町1丁目
カームネスト甲南山手102

アクセスはこちらから

診療時間

【休診日】
木・日・祝日
【診療時間】
午前 9:30~13:00
午後14:30~19:00
土曜日午後の診察は17:00迄です。

PAGE TOP