Loading

ブログ

むし歯の話(ステファンカーブ2)


これはプラーク(歯垢)の中のpHを表したグラフです。
pHなので数値が小さいのが酸性、大きいのがアルカリ性です。
酸性になると歯が溶け始めます。
詳しく言うと、表面のエナメル質ではpH5くらいで、セメント質や象牙質はpHが6でも溶けるようです。
つまり、歯肉が退縮している方、年配の方や噛み合わせが悪くて、極端に歯の根っこが見えている方は、むし歯になりやすいです。
「むし歯のリスクが高い」という表現をしています。

また、飲食回数との関係を見ていただきたいです。
糖分を含むと、急激に酸性に傾きます。
これは、単に「おやつ」だけではなく、「飲み物」も同じです。
糖分を含むあらゆる飲み物にみられます。

例えば、部活帰りに買い食いをする中高生、オフィスで甘いコーヒーを飲んでしまう方など、飲む回数が多い方は特に高リスクですので注意が必要です。

関連記事

  1. 見えないムシ歯
  2. 矯正治療(成人)に関して
  3. 影響を受けた先生方①
  4. 経口補水液とスポーツドリンク
  5. 影響を受けた先生方③
  6. お子さまの歯みがきについての説明記事用の子供イラスト 神戸・芦屋の皆様へ 子どもの歯みがきに関して①
  7. むし歯予防(唾液)
  8. インプラント治療例

インプラント(基礎知識編)

インプラント(メインテナンス編)

PAGE TOP