Loading

ブログ

根管治療後の安定性について

根管治療を行った後は? 〜どれくらい安定するのか?〜

根管治療をして、きれいになった根の中は、どのようにして悪くなってしまうのでしょうか・・・・?
再び、バイ菌に感染してしまう理由は何なのでしょうか?

一番大きな理由は、治療後にする「被せ物」や「詰め物」の隙間からバイ菌が入ってしまい、それが膿んでしまうということだと言われています。この「バイ菌が隙間から入ってくること」を”微小漏洩”と言います。
「これが、どのくらい影響があるのか?」といいますと、Ray,Tropeらがかいた代表的な論文では以下の通りです。

従って、根の中をきれいにすることは重要なのですが、それだけでなく、被せ物をきちんと入れる。フィットの良い被せ物こそが、後々の治療成績に大きく影響します。
さて、論文が示唆するのはここまでなのですが、拡大解釈すると・・・・

①お口の中を清潔に保つ。バイ菌の少ないお口になるように心がける。
②安定した咬み合わせ、被せ物が長期的に安定するお口になる。

という2点が非常に大切である、ということになります。

関連記事

  1. 神経保存のためのバイブル登場
  2. CTとマイクロスコープで解決できる割合
  3. マイクロスコープを使った根管治療
  4. 根管治療とは?(パート6)
  5. 根管治療とは?(パート2)
  6. 美しい!!
  7. 歯科用CT導入しました。
  8. 神経は抜かない!

インプラント(基礎知識編)

インプラント(メインテナンス編)

PAGE TOP