1. トップページ
  2. 当院が選ばれる理由

当院が選ばれる理由

虫歯の再発が低い 納得のいくその人その人にあった治療 人にやさしいいつでも笑顔のスタッフ
歯の治療が苦手な方へ(笑気ガスの案内)

現在、より精密な治療、より高度な治療、そしてより審美的な治療が望まれています。
しかしながら、その反面、高度な治療を受けたいけれども、苦手で・・・、という患者さんも数多くいらっしゃいます。
そういった患者さんの手助けとなるのが、この笑気ガスです。

笑気ガス鎮静法というのを耳にしたことがありますか? 精神鎮静法の1つの方法です。
これは、あくまで、意識はしっかりと保ったまま、恐怖心を作れないようにする方法です。

精神鎮静法とは?

患者さんに、よりリラックスして治療を受けて頂くために、鎮静剤の静脈注射や、笑気ガスの吸入を行なう方法です。 当院では、笑気ガスの吸入をおこなっております。

精神鎮静法は、目覚めた状態でありながら、不安感や不快感、緊張を和らげます。
そのため、治療の際の患者さんの負担が軽減されます。 痛みを抑える効果はありますが、完全なる鎮痛効果はないので、局所麻酔を併用しながら治療を行ないます。

どういった場合に役に立つのでしょうか?

笑気ガス例えば、お子さんの場合ですが・・・・ お子さんが、「むし歯の治療をうけよう、うけなくちゃ」と頭では分かっているけど、 実際に歯医者さんにいくと、なかなかお口をあけてくれない、こんなときです。不安を和らげ、治療をスムースにさせる手助けとなります。

ただし、あくまで「手助け」です。 嫌がる子どもを無理やり黙らせるものでは、ありません。 あくまで患者さん主体です。子どもの「こころ」を考えて、1回の治療だけでなく、その後のことも考えることが大切だと思います。


高血圧を患っている方へ

高血圧を患っている方にとって、注射のストレスは危険な場合があります。特に、インプラントを含めた外科処置は、ストレスが大きく、心臓や血管に大きな負担をかけることがあります。異常な高血圧や不整脈は、対応が遅れると狭心症や重篤な循環不全に陥ってしまいます。

そこで、患者さんを精神的にリラックスさせ、無痛的処置を心がけ、血圧、心拍数を安定させることが基本的に必要です。

笑気ガスを吸入することにより、精神的ストレスを極力取り除き、安心した治療が可能になります。

なお、当院は信頼できるセキムラ社の製品を利用しております。



女性のためのケア

当院では女性の患者さんが多く見えられています。 特に、妊娠中~2,3歳のお子様がいらっしゃる方がよく来院されます。

お話を伺うと、出産してしばらくは、痛くても歯科医院にいけない方が結構いらっしゃいます。 妊娠中からお口のケアを心がけましょう。 また、そのお手伝いができれば幸いです。

詳しくはQアンドAをご覧になってください。


レントゲン(X線)は安全です

レントゲン妊娠されている方はなるべく、レントゲンは撮影をさけたいと考えております。
しかしながら、どうしても必要な場合があります。
レントゲンは体にとってどれくらい、悪影響なのでしょうか?

国際放射線防護委員会(ICRP)によれば、歯科エックス線写真撮影は実行線量において胸部撮影の1/3~1/10の被曝量とされています。

ちなみに人間は、太陽や食べ物から自然放射線を浴びていますが、その年間被曝量の1/60から1/150にあたる量が歯科エックス線撮影の被曝量です。
また撮影時に鉛入りのエプロンを使用して、防護しておりますので、かなり安全だといえます。

待合室の本のご紹介

女性のためのオーラルケア女性は男性に比べ、歯周病に罹患しやすく(かかりやすく)、進行も早いです。また、出産、育児など忙しく、来院も難しいのも事実です。そんな、女性のための本を2冊ご紹介いたします。

1つ目は「女性のためのオーラルケア」
2つ目は「歯育て、支援 Q&A」 です。

二つとも、絵が多く、読みやすいです。待合室にありますので、参考にされてください。
また、わからないことは是非聞かれてください。