1. トップページ
  2. 小児歯科 子供の方へ
  3. 余分な歯(過剰歯)があったとき

余分な歯(過剰歯)があったとき

余分な歯(過剰歯)があったとき

余分な歯が埋まっていることがあります。特に、上の前歯にあることが多く、埋まっている場合はX線(レントゲン)とらないとわかりません。

余分な歯があると、永久歯が生えてこれなかったり、永久歯の根っこを溶かしたりしてしまうことがあります。早めに抜歯をすることにより永久歯がきちんと生えてくることができます。

余分な歯があった時の写真