1. トップページ
  2. 小児歯科 子供の方へ
  3. むし歯のなりやすさの検査

むし歯のなりやすさの検査

概要

むし歯の菌はどなたのお口の中にも存在します。お口の中の環境をよくしていくことで、改善されていきます。

お口の中にあるむし歯の菌の力が強い方もいれば弱い方もいます。それを簡単な検査で調べることができます。また唾液もむし歯には関係してきます。食事をするとお口の中は必ず酸性になります。酸性になるとむし歯になってきます。

しかし唾液には酸性を中性に戻す力があります。その力が弱いか強いかも調べることができます。

検査の流れ
  1. 唾液をとります
    写真ガムを3分間かんでいただき唾液をだします。



  2. 色の判定(むし歯活動性試験)
    写真①色の変化でむし歯菌が作りだす酸がどれくらい強いかわかります。


  3. 色の判定(唾液リスクテスト)
    写真②唾液の緩衝能(お口が酸性の状態をもとに戻す力)を判定します。




むし歯菌の強さの検査+唾液の検査・・・3,000円