1. トップページ
  2. 小児歯科 子供の方へ
  3. 怪我をして歯をぶつけたとき

歯をぶつけたとき

歯をぶつけたとき

歯をぶつけると、歯がグラグラしたり、欠けてしまったり、根っこごと抜けてしまったりすることがあります。慌てずになるべく早く受診してください。
根っこごと抜けてしまった歯も、ごしごし洗わずにそのまま牛乳かスポーツ飲料に入れて来院していただければ、戻すことができます。

むし歯や怪我で早期に歯を失ってしまったとき

前歯や奥歯を永久歯が生え変わる時期よりずっと早く失ってしまった場合、そのまま放っておくと、後ろの歯が前に倒れてきて永久歯が生える場所がなくなったり、舌を歯がないところから出す癖がついてしまう可能性があります。

その癖が続くと永久歯がゆがんで生えてしまうことがあります。

それを防ぐための装置があります。
一部保険適応のものもあります。歯を失ってから、できるだけ早めの受診が望ましいです。

歯をぶつけてしまった時の写真
  1. 怪我をして歯をぶつけてしまった時の写真1
  2. 怪我をして歯をぶつけてしまった時の写真2
  3. 怪我をして歯をぶつけてしまった時の写真3
むし歯や怪我で早期に歯を失ってしまったときの図①
  1. バンドループ奥歯が倒れてこないようする装置
    むし歯や怪我で早期に歯を失ってしまったときの図①
むし歯や怪我で早期に歯を失ってしまったときの図②
  1. 小児用義歯
    前歯を怪我や虫歯で失った時に使う装置
    舌を出す異常な癖を防止します
    むし歯や怪我で早期に歯を失ってしまったときの図②