1. トップページ
  2. 神戸根管治療センター

神戸根管治療センター

神戸根管治療センターとは

神戸市灘区にある歯科医院 福山デンタルクリニック 根管治療センター歯内療法とは歯の内部の治療のことをいいます。むし歯(う蝕)の治療をして、セメントなどをつめることも含まれます。

しかし、通常は、歯の根の中の管(これを根管といいます)に関した治療を、歯内療法と呼んでいます。

歯は、人体の中で一番硬い組織ですが、その中には、俗にシンケイと呼ばれている歯髄(しずい)という軟らかい組織が あって、根の先のほうの小さな孔で、あごの骨の中の神経や血管とつながっています。

この歯髄が、むし歯(う蝕 )や外傷で、細菌の感染を受けたような場合には、歯がひどく痛んだり、歯肉が腫れたりします。このような時に、 もし、その歯を救い、さらに長い間機能させたいと思うならば、歯髄の一部や全部を除去して歯を残すような治療 をしなければなりません。そこで、歯内療法が行われるのです。

一般には、歯の神経の治療と言われ、歯を支える土台としての根(根管)の処置なので、根管治療という治療法を行います。歯を保存したいという気持ちと、そのための良い方法を探究し続ける努力から生まれたこの『歯内療法(根管治療)』により、 みなさんの歯を更に長生きさせることができます。

期待できるポイント!
  • 期待できるポイント
  • 期待できるポイント
  • 期待できるポイント

具体的な治療内容

神戸市灘区にある歯科医院 福山デンタルクリニック 根管治療センター根管の形状は複雑なため肉眼でとらえることができず、一般的な歯科医院では歯科医師の経験と勘に頼って治療が行われて来ました。

この場合、治療精度は安定せず、失敗のリスクも少なくありません。そして根管治療を失敗してしまうと膿などがたまって再治療が必要になったり、最悪の場合は抜歯に至るおそれもあります。根管治療は難度の高い治療で、歯科医院の設備や歯科医師の技術によって成功率は大きく左右される傾向に有ります。

精度の高い根管治療を行うためにはいくつかの設備・素材が欠かせません。
これらの設備・素材があるかどうかで根管治療の成功率が大きく変わってきます。
歯科医院選びの際にはホームページなどを確認して設備・素材をチェックしてみましょう。

なお、当院では

  • 患部を拡大するマイクロスコープ
  • 三次元データを得るためのCT
  • だ液による細菌感染を防ぐラバーダム
  • 根管内の洗浄を行う超音波洗浄機
  • 神経の保護に用いるMTA

などを採用しています。

根管治療は歯の根の治療ですが、治療後にトラブルを起こさないためには被せ物の精度が重要になってきます。というのも被せ物の精度が低いと歯と被せ物の隙間から細菌が侵入し、根管が細菌感染を起こすことがあるからです。

トラブルのリスクを回避するためにも、当院では被せ物を作成する技工士さんにもマイクロスコープを用いてもらっています。

動画を見る