1. トップページ
  2. よくある質問

よくある質問

患者様からよくある質問を集めました。
  1. インプラントって痛いんですか?
    麻酔をしますので、それほど痛くはありません。
    一般に言われるのは、歯を抜いた時よりは痛くなかった、ということです。
    ただ、個人差はあるみたいです。
  2. フッ素は何歳くらいからしたらいいですか?
    歯が生えてきたらしましょう。歯は生えてから2、3年が一番未熟で弱くまた、フッ素も取り込みやすい時期です。
  3. 妊娠中ですが歯科治療はできますか?
    妊娠中でも歯科治療はできます。ただし、原則として応急処置のみにしております。
    必要があれば、妊娠中期(安定期)に治療を受けられることをおすすめします。
    やはり、定期的な検診をおすすめいたします。
  4. 転んで歯を打ちました。すぐに歯科医院に行ったほうがよいですか?
    ぶつけた程度によりますが、原則的には歯科医院にすぐにお越しください。
    歯が抜けた場合は汚れていても洗わずに牛乳か歯の保存液、もしくは口の中の唾液にひたして来られてください。ケガの直後なら歯が戻る場合があります。
  5. 妊娠中に歯肉から出血するのですが・・・・
    妊娠中は女性ホルモンの影響で歯肉が炎症を起こしやすい環境になっています。
    お口の中をきれいにすることで、改善されますので、是非歯科医院に来院されてください。
  6. 歯周病になると早産になりやすいのですか?
    妊娠中の女性のうち、歯周病にかかっている方は、そうでない方に比べて、低体重児を早産する可能性が高くなるという報告があります。
    それによると、歯周病菌が子宮の収縮に間接的に働きかけ、その結果として子宮頸部が拡張し早産となると考えられています。
  7. 歯がしみるのですが・・・・・
    歯がしみる(知覚過敏)になるのは、様々な理由があります。
    きちんと検査をして、適切な処置をとることが一番です。
    さて、知覚過敏になる原因は
    ①むし歯
    ②根面露出
     歯周病により、歯肉が退縮して、土台が見えてしまったもの
    ③かみ合せの負担が過度にかかっている
    ④神経が過敏な状態になっているものがあります。
    それぞれ、むし歯の処置、歯周外科療法、咬合療法が必要です。
    市販の歯磨き粉(シュミテクトなど)が効かない場合は是非、お越し下さい。
  8. つわりがひどく、歯ブラシができないのですが・・・
    つわりは、個人差がありますが2,3ヶ月で終わります。
    ですから、あまり神経質にならず、できる範囲で磨く程度でよいと思います。
    また、小さめの歯ブラシに変える、もしくは、低刺激性の歯磨き粉に変える、というのも有効です。
  9. 口臭がするのですけど、治りますか?
    口臭には他人が感じるもの(真性口臭症)と、他人にはわからない自分だけしか感じないもの(仮性口臭症)とがあります。そして真性口臭症には病的な原因がなくて一時的なものと、病的な原因があるものとがあります。
    病的原因としては、歯周病と舌苔(ぜったい)、口腔内乾燥症などお口の中の問題や耳鼻咽喉・呼吸器系そして消化器系などの内科的な問題など、さまざまです。
    いずれにしても、専門医による客観的な診断のもと、原因を突き止め治療をすれば、ほとんどの場合治ります。
  10. 妊娠すると歯が弱くなると聞きましたが、本当ですか?
    妊娠したからといって、歯が弱くなることはありません。ただし、妊娠による唾液性状の変化やホルモンバランスの変化、つわりや不規則な食事により、むし歯になりやすく、歯肉の炎症を引き起こしやすくなります。
    丁寧に口腔清掃をする、甘いものをひかえる、食事回数を減らすなどして、できるかぎり口腔内を清潔に保つことが重要です。
  11. フッ素は歯に良いのですか?
    フッ素はむし歯予防にとって、大きな効果があります。
    完全にプラークを除去することは不可能なので、その分を補うためにフッ素を利用しましょう。
    ただし、フッ素は塗ったからといってむし歯にならない訳ではありません。
    また、定期的に塗らないと効果がありません。
  12. フッ素の効果は何ですか?
    大きく分けて2つあります。
    1つは歯の質を強くする働きです。もう1つは、むし歯菌の活動を抑える働きです。
  13. 大人にも効果がありますか?
    もちろんあります。
    歯茎が退縮して、歯根が露出してきた場合には、特にフッ素は有効です。
  14. フッ素は体に悪くないのですか?
    歯科の予防の目的で使用する場合、問題ありません。毎日のフッ素入り歯磨剤による歯磨きやフッ素洗口と、年2,3回のフッ素塗布の両方を応用しても、フッ素が過剰になる心配はありません。1回分のフッ素洗口液を誤って飲み込んでしまっても、心配いらないとされています。
  15. 根管治療ってなんですか?
    虫歯が歯の神経まで感染している場合、歯の神経が入っていた管をきれいにする必要があります。その管を可及的に無菌状態にして、薬をつめる治療を根管治療(歯内療法)といいます。
    根管内に細菌が入ったり、密閉する薬がしっかり詰まっていないと根管内に細菌が繁殖して、歯根の先の歯周組織に炎症がおき、硬いものを噛むと痛む、歯が浮いた感じがする、歯肉を押すと痛む、歯肉の下の方が腫れる、歯肉の下のほうから膿がでる、などの症状がでます。