1. トップページ
  2. ブログ
  3. » 根管治療

MTAというセメント

MTAというセメント

1990年代初頭、ロマリンダ大学のトランビネジャッド先生らがMTAというセメントを開発しました。これは工業用のセメントをベースに、自体に害のない親和性のあるセメントです。 そのメリットは 水のあるところでも硬化する 持続的にカルシウムを放出する 人体にとって害がない(むしろ歯や骨を作る細胞を寄せてくる)   といったものです。その反面、「高価である」とか「使いにくい」といったデメリットも続きを読む







この記事が書かれた日:2018年03月07日

カテゴリ:根管治療

根管治療後の安定性について

根管治療を行った後は? 〜どれくらい安定するのか?〜 根管治療をして、きれいになった根の中は、どのようにして悪くなってしまうのでしょうか・・・・? 再び、バイ菌に感染してしまう理由は何なのでしょうか?   一番大きな理由は、治療後にする「被せ物」や「詰め物」の隙間からバイ菌が入ってしまい、それが膿んでしまうということだと言われています。この「バイ菌が隙間から入ってくること」を”微小漏洩”続きを読む







この記事が書かれた日:2018年02月06日

カテゴリ:おすすめ記事, 根管治療

根管治療とは?(パート6)

根管治療の目的とは? 〜ばい菌が再び侵入するのを防ぐこと〜 根の中をしっかりお掃除した後に、 1)生体にとって安全である(生体親和性) 2)長い年月、化学的、物理的に変化しない(長期安定性) 3)操作性が良い 4)安価である などの要件を満たす素材のものを入れなければいけません。 そのために、一般的には「ガッタパーチャ」と呼ばれるものを使用しています。   これは「ゴムの木」から取れる「続きを読む







この記事が書かれた日:2018年01月26日

カテゴリ:根管治療

1 2 3 4 5 7