1. トップページ
  2. ブログ
  3. » 神戸・芦屋の皆様へ 子どもの歯みがきに関して③

神戸・芦屋の皆様へ 子どもの歯みがきに関して③

神戸・芦屋の皆様へ 子どもの歯みがきに関して③

神戸・芦屋の皆様こんにちは。甲南山手、福山デンタルクリニック院長の福山です。
前回は乳幼児期の子どもの歯みがきについてお伝えしました。
今回は2~6歳頃の子どもの歯みがきについてお伝えします。

2~3歳ごろになると自我が芽生えはじめ、何をするにしても反抗するようになるようになる場合があります。歯みがきをしなくてはいけないと理解はしていても、歯みがき習慣がなかったり歯みがきに対して痛かった体験があると、なかなか素直に歯みがきはしてくれず、仕上げみがきをさせてくれなかったりします。
乳歯はいずれ永久歯に生え変わるから歯みがきも適当でもいいのではないかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、だからといって決してむし歯になっていい歯ではありません。それに乳歯のむし歯は永久歯にも影響を及ぼします。口内環境をできるだけ清潔にしておくことは非常に大切なことですので、永久歯がむし歯になるリスクを軽減するにも、乳歯の頃からの心がけが大事です。

この時期になると子どもは自分自身で歯ブラシを使って歯みがきができるようになりますので、自分自身の習慣として歯みがきが行えるように、基本的には自分で歯を磨かせるようにしましょう。
乳歯が生えそろったり、最初の永久歯が生え始めたりと、子どものお口の中にも目まぐるしい変化がある時期です。子どもが行った歯みがきの後には変化の確認をするためにも、必ず仕上げみがきをご両親がしてあげてください。

福山デンタルクリニックの医師が子供の歯みがきについて説明している記事のイラスト

仕上げみがきのポイント
練習のために、はじめは子ども自身に歯みがきをさせましょう。
子どもがみがいた後で、ご両親が仕上げとして磨いてあげるようにして、子どもが嫌がって仕上げ歯みがきをしたがらない時などは子どもの機嫌がよい時や、お友達と一緒に歯みがきをするなどの工夫をして、歯みがきを楽しいものとして教えてあげるようにすることも大切です。

この記事が書かれた日:2017年01月18日

カテゴリ:小児歯科, 歯みがき