1. トップページ
  2. ブログ
  3. » 歯石の除去について

歯石の除去について

歯石の除去について

神戸市の皆様こんにちは!東灘区・甲南山手の福山デンタルクリニックです。
今回は「歯石除去」についてご案内いたします。

歯石とは?
お口の中で歯の表面や歯周ポケット(歯と歯の間にある溝)につく汚れのようなもので、プラーク(細菌の塊)が唾液の中のカルシウムやリンなどのミネラル成分と結びついて石のように固くなったものです。
歯石の表面には軽石のような小さな穴が無数に空いていて、歯周病菌をはじめとする無数の細菌がその穴を住みかに繁殖し、歯周病の原因となる毒素を放出します。
この歯石の中の細菌は歯磨きなどでは取れないので、細菌を除去するには歯石ごと取り除く必要があるのです。

歯は食事をする度に表面にあるミネラル成分であるカルシウムやリンが溶け出しています。しかし人間には虫歯にならないように、きちんと唾液の中にあるミネラル成分によってその溶け出したミネラル成分が元に戻るようになっています。これを再石灰化といいます。ですがそこにプラークが残っていると48時間で歯石になってしまうのです。

歯医者さんでの歯石の除去
歯磨きの状態も良く、短い期間で定期的に歯石を取っている方は、プラークも少なく、歯茎からの出血も少ないため、歯石も柔らかく、1回で全ての歯石をすぐに取り除くことができます。
しかし歯周病が進行している方の場合、歯周ポケットの歯石を除去しなければなりません。歯石はプラーク、唾液、血液からできています。
歯茎が腫れていたり、出血がある状態では原因のプラークと血液が残ったままなので、歯石を取ったとしても48時間後にはまたついてしまうので意味がありません。ですので複数回に分けて、歯茎の出血を止めてから歯石を取る必要があります。

歯茎から出血があると歯石の取り残しが増えたり、痛みや、知覚過敏も出やすくなります。この場合、表面の歯石の除去や、正しいブラッシング指導を受けて頂くなどして、2週間ほどして歯茎からの出血が止まり、引き締まってから歯石を取った方が痛みが少なくてすみます。

この記事が書かれた日:2016年11月08日

カテゴリ:歯周病, 歯石・歯垢