1. トップページ
  2. ブログ
  3. » プラークチェッカー

プラークチェッカー

プラークチェッカー

2010年02月13日

プラークチェッカーを使うと、プラーク(歯垢)をチェックして、むし歯のなりやすさを見ることができます。
自分がどれくらい、プラークがついているのか、また、ついているプラークが昔からついているのか、最近ついたものか?が分かります。
さらに、そのプラークがどれくらい酸性なのかも分かるのです!!
ひと目で分かるので、お子さんに歯磨きの大切さを分かってもらうのに、非常に便利です。
小さいうちから、むし歯にならないような、お口作りを心がけましょう!!

プラークをとります。
最初に、付着しているプラークを少しとります。
プラスティックの専用の道具があります。
痛みも無く、すぐに終わります。

プラークの除去

プラーク
プラークです。
あとで、酸性のリスクを判定するのに使います。

プラーク

お薬につけます
先ほどのプラークをお薬につけます。

プラークのチェック

お口の中のプラーク
お口の中のプラークを染め出します。

プラークのチェック

赤色と青色
赤い色は、比較的新しいプラークです。
青い色は、少なくとも1日以上前からついているプラークです。
歯磨きのうまい、苦手、がひと目でわかります。

プラークのチェック

酸性度チェック
お薬につけたプラークをチェックします。
酸性度が強いほど、赤い色になります。
この場合だと・・・・・結構酸性が強いみたいです。

1日以上、酸性度の強いプラークが、歯についていることになります。
ですから、日ごろの歯磨きの重要性が良くわかりますね。

プラークのチェック

この記事が書かれた日:2010年02月13日

カテゴリ:検査