1. トップページ
  2. ブログ
  3. » 再殖

再殖

再殖

再殖

2008年11月12日

2008 入れ歯が出来ないとなると、両隣の歯を削ってブリッジを作る治療方針か、もしくはインプラントが選択肢としてあげられます。 ブリッジは隣の歯を削るというデメリットが、インプラントは高価ですよね・・・・ そこで、第3の選択肢として再殖という方法があります。 必ずしも成功はしないのですが、トライする価値はあると思います。

 

最初の写真

頬に、膿の出口が見えます。 膿んでいることがわかります。

歯の膿の写真

 

切開をいれて粘膜を剥離しました

粘膜の下には、膿の袋がみられます。 また、膿が骨を溶かしていることが確認できました。
歯の再植治療

膿の袋

膿の袋は歯と交通しているのがわかりました。

歯の再植治療

歯を抜きました。

歯を抜いたら、2つに割れていました。 割れている歯には、膿の袋がびっしりついていました。

歯の再植治療

 

きれいにしました。

歯を抜いた側の膿を完全に取り除きました。 そしてら、骨がずいぶんとけてしまっていました。 でも、歯に近い部分がしっかりとした骨ですので、再殖をトライする価値はあります!!

歯の再植治療

再殖後

再殖をした歯はしっかりと固定をします。 再び、骨とくっついたら、根っこの治療を行い被せ物をつくってゴールとなります。

歯の再植治療

この記事が書かれた日:2008年11月12日

カテゴリ:治療