1. トップページ
  2. ブログ
  3. » むし歯のなりやすさ、なりにくさの話

むし歯のなりやすさ、なりにくさの話

むし歯のなりやすさ、なりにくさの話

むし歯のなりやすさ、なりにくさの話

2008年10月06日

人によってお口の中の環境はそれぞれ違います。
歯を攻撃する力と、むし歯から守る力があり唾液の簡単な検査により調べることができます。
テストは2種類あり、それぞれ①むし歯菌が作り出す酸の強さを調べるテストと②唾液が酸性のお口をもとに戻す力を調べるテストがあります。

①は綿棒でぬぐうだけなので小さいお子様でもできます。②はガムをかんで唾液を採取して検査します。
むし歯の原因や、これからむし歯にならないための予防策がわかります。お気軽にお問い合わせください。

 
唾液をとりますガムを3分間かんでいただき唾液をだします 唾液

 
色の判定(むし歯活動性試験)①色の変化でむし歯菌が作りだす酸がどれくらい強いかわかります。 むし歯活動性試験の様子

 
色の判定(唾液リスクテスト)②唾液の緩衝能(お口が酸性の状態をもとに戻す力)を判定します むし歯活動性試験の様子

この記事が書かれた日:2008年10月06日

カテゴリ:検査