Loading

ブログ

マイクロスコープを使った根管治療


9月15日、16日は東京にて、研修を受けて参りました。
東京でご開業されている「岡口守雄先生」です。
マイクロスコープを用いた根管治療では世界有数の先生です。
「マイクロスコープを用いた歯内療法」の真髄を垣間見た気がします。

具体的に言いますと、

根管の断面は楕円形です。
もっと、複雑な場合もあります。たとえば、尾ひれみたいな「フィン」という構造であったり、
「イスムス」という、二つの根管がほそーーーく繋がっている場合もあります。

では、根管の内部が汚れてしまった場合、どのように掃除するのでしょうか?
以前に説明した「ファイル」という器具で通常掃除していきます。

ところが、ファイルは「円形」に掃除するのは得意なのですが、楕円形は不得意です。
ですから、「XPエンドシェーパー」など、不思議な形のファイルが存在するのです。
「ファイル」に頼って掃除するのもいいのですが、やはり汚れは「見て取る」のが一番確実です。
そのため、「見える」ための「マイクロスコープ」が歯内療法、根管治療では有用なのです。

関連記事

  1. 外科的歯内療法で発表
  2. 根管治療とは(パート3)
  3. 神経保存のためのバイブル登場
  4. 根管治療とは?(パート6)
  5. 根管治療とは?(パート3)
  6. 根管治療後の安定性について
  7. 神経は抜かない!
  8. 根管治療とは?(パート4)

インプラント(基礎知識編)

インプラント(メインテナンス編)

PAGE TOP