Loading

ブログ

むし歯予防(唾液)


前回から、プラーク中のpHについてのお話をしてきました。

今回は、下がってしまったpHが元に戻る力についてのお話です。
pHを元に戻そうとする力は大部分は「唾液」によるものです。

唾液には
1.洗浄作用 歯の表面やお口の中のあらって流してくれる作用があります。また、さらにコーティングを粘膜を保護してくれます。
2.殺菌作用と抗菌作用 プラーク(歯垢)ができたり、大きくなったりするのを防ぎます。
3.緩衝作用 プラークが酸に傾いたり、アルカリ性に傾きすぎるのを防ぎます。
4.再石灰化作用 歯の再石灰化(溶けた歯を元に戻す)のを促進します。

ただ、唾液の分泌が少なくなってしまうことがあります。
お薬の副作用であったり、年齢であったり・・・・
そのような場合はどうすればいいのでしょうか?
1.しっかりと咬んで食事ができる環境を作る。
2.よく咬んで食事をする。
3.唾液の分泌が促進されるような薬を飲んだり、キシリトール製品を使う。
4.唾液腺のマッサージなど

むし歯予防には「歯磨き」が基本ですが、それ以外にもいろんな要因があります。
「唾液」というのは「むし歯予防」にとってもっとも効果があります。

関連記事

  1. 歯磨き粉(ホワイトニング)
  2. フッ素!!
  3. むし歯の話(ステファンカーブ2)
  4. アパガードリナメル
  5. おすすめの歯ブラシ
  6. 福山デンタルクリニックの医師が子供の歯みがきについて説明している記事のイラスト 神戸・芦屋の皆様へ 子どもの歯みがきに関して③
  7. 歯磨きをはじめる時期について
  8. インプラント専用歯磨き粉

インプラント(基礎知識編)

インプラント(メインテナンス編)

PAGE TOP