Loading

ブログ

根管治療とは?

私のもっとも得意とする「根管治療」について、少し詳しくお話をさせていただきたいと思います。まず、「根管」とは何か?についてお話しします。
もともと歯は骨に刺さっており、そこから栄養を取って大きくなったり、虫歯から身を守ったりしているのですが、その栄養をとる歯の根っこから伸びる管のことを「根管」といいまして、「根管治療」とは、この「管」をキレイにする治療のことを差すのです。
歯の写真です。これをレントゲンで撮ると、右の写真のようになります。

通常の状態では確認できませんが、レントゲン写真では薄いひも状の黒い影が確認できます。これが「根管」です。
この管をきれいにする治療を「根管治療」と言います。
(「根の管の治療」だから「根管治療」と言います)
また、別の言い方では「歯内療法」といいます。
(歯の中の治療だから、「歯内療法」ですね)

「根管治療」とは?   〜神経を抜くということってどういうこと?〜

たとえば、下の写真のように歯が虫歯で穴があいた場合を見てみましょう。
歯とは、日々健康に保っているつもりでも、ある日突然、またはじわじわと、「冷たいものがしみる」・「熱いものがしみる」・「寝る前に特に痛む」・「何もしなくてもズキズキ痛む」等々、いろいろな痛みが出てくるものです。
レントゲンで見てみましょう。

レントゲンの真ん中にある黒いひも状のものが「神経」が入っている管です。この「管」の中に「神経」や「血管」の複合体、すなわち「歯髄」が入っているのです。
さて、この「歯髄」にバイキンが入ると、先ほどのような、「痛み」がでます。その「痛み」はバイキンによるものなので、取り除かないと治りません。また、再発を防ぐにはそれだけでは不十分なので「蓋(蓋)」をしなければいけません。

つまり、「根管治療」の目的は大きく分けて

1.バイキンを除去すること

2.再び侵入してくることを防ぐこと

という2つの目的があるのです。

関連記事

  1. 歯科用CT導入しました。
  2. 神経保存のためのバイブル登場
  3. 外科的歯内療法で発表
  4. CTとマイクロスコープで解決できる割合
  5. 根管治療とは?(パート3)
  6. 根管治療後の安定性について
  7. 根管治療後の安定性について
  8. マイクロスコープを使った根管治療

インプラント(基礎知識編)

インプラント(メインテナンス編)

PAGE TOP