Loading

ブログ

シェードテイキング

審美歯科を実現するためには、技工士とのコミュニケーションが大切です。
この技工士とのコミニュケーションというのは、咬み合わせという機能の面と、色を中心とした「審美」の面があります。
色の情報を共有するためには専用のカメラを使って、その情報をいっぱい渡さなくてななりません。口腔内カメラ
当院で使用しているカメラです。
Canon社のカメラをベースに歯科専用に仕上げています。
歯科専用というのは、規格性があるということが大事です。
何回とっても、どのような条件でも再現性があることが大事です。
色の表現をフラッシュと露出をコントロールして、ちょうどいいバランスで写真として保存します。
専門用語で「ホワイトバランス」をコントロールしているということです。
また、写真撮影の際に、歯の表面にできる微妙な陰影をひろい、形をチェックします。
講師は熊本から来ていただいた「岩崎先生」です。口腔内カメラの研修
地震のため、何百というカメラを所有していたのですが、その半分が壊れてしまったようです。
技工士の傍、フォトグラファーとしても活躍されています。
技工士という職業がら、よく写真を撮影していたということです。
その中で、カメラの魅力にとりつかれたらしいです。
彼の愛するカメラが壊れてしまう災害というのは悲しいですね。

関連記事

  1. 外科的歯内療法で発表
  2. 勉強会
  3. キシリトール
  4. スタッフとの院外研修会
  5. 研修会の報告
  6. コンポジットレジン講習会
  7. 大阪SJCDステップアップミーティング
  8. 大阪SJCD例会

インプラント(基礎知識編)

インプラント(メインテナンス編)

PAGE TOP