Loading

ブログ

インプラント治療例

当院にはインプラントを希望され方も来院されます。

上の歯がなくなった場合、第一選択肢はインプラントです。

もちろん、健康で糖尿病などがない場合が望ましいです。

上の骨や粘膜は柔らかく、入れ歯だと沈み込んで、残った歯に負担をかけてしまうことが多くあります。

残った歯を守るためにはインプラントが最適です。でも、次のケースはどうでしょうか?インプラントのレントゲン写真

ブリッジが入っているのですが、後ろの歯が抜歯になってしまいます。

個人情報の保護のためレントゲンは最小限の範囲でしか、お見せすることはできません。申し訳ありません。

ここの問題点は、骨がないということです。

インプラントを入れるための骨がありません。

こういったときは上顎の粘膜を持ち上げる方法を取って、インプラントを埋入します。

ただし、患者様は怖い、痛いのが苦手です。

特殊な方法をとり、

インプラントのレントゲン写真

このように骨を副鼻腔の方に作って、インプラントを埋入します。

これをソケットリフトとかクレスタルアプローチとかいいます。

現在、新しい器具や術式の台頭で、このクレスタルアプローチの適応が広がっています。

痛くなく、早く治る、全ては患者様のために。

 

関連記事

  1. 神経をとらない治療・歯を抜かない治療
  2. 歯磨きをはじめる時期について
  3. 矯正治療(成人)に関して
  4. 神経は抜かない!
  5. ご予約に関して
  6. むし歯の話(ステファンカーブ2)
  7. 見えないムシ歯
  8. 影響を受けた先生方①

インプラント(基礎知識編)

インプラント(メインテナンス編)

PAGE TOP