Loading

ブログ

インプラント

どうしても止むを得ず、抜歯になることがあります。

抜歯をした後どうしたらいいのでしょうか?

治療方針は幾つかありますが、その一つにインプラントというものがあります。これは、骨に人工的な歯を埋めるという方法です。

そのメリット・デメリットは割愛します。

私が思うのは、「インプラントは劇薬」です。ぴったりと当てはまる人には最良の選択肢であるし、そうでない人には「毒」になりかねません。

全身の健康状態をチェックし、咬み合わせやその他、おこりそうな問題を提示し、患者様と向き合ってこそ、成功するものです。

適当に「歯が抜けたからインプラントしましょう」では、ないのです。

例えば、下の銀歯が破折していました。止むを得ず、抜歯に至ります。

 

下の6才臼歯

下の6才臼歯

理想的な位置に埋入し、被せ物を作るとこのようになります。

インプラント埋入後

インプラント埋入後

当院では、ファイナルイメージを技工士さんに作ってもらい、それを元にインプラントを埋入します。ですから、エラーがかなり少ないです。

エラーといえば・・・・インプラントを受けたい患者様へ。CTがない病院でのインプラントは避けましょう!

ステップが多く、多少、費用が高くても(35万円から)、確実な治療をしていきたいのです。ご理解をお願いします。

 

関連記事

  1. インプラントと根管治療の治療例2
  2. 正社員募集・アルバイト募集!
  3. 9月1日
  4. 診療時間の変更
  5. 小嶋先生古希お祝い
  6. ためしてガッテン
  7. 滅菌スリッパディスペンサー
  8. 神経をとらないということ

インプラント(基礎知識編)

インプラント(メインテナンス編)

PAGE TOP