Loading

ブログ

神経をとらないということ

新しい器材・材料の登場に伴い、従来、不可能であったことも可能になってきました。

その一つにMTAがあります。材料の詳しい説明は省きますが、この登場により、神経を取ることが少なくなってきました。

たとえば、「しみる・冷たいものがしみる」症状が出るムシ歯だったら、神経を取り除くことが多かったと思います。

現在では「ズキズキ痛くてたまらない。」ぐらいのムシ歯だと厳しいかもしれませんが、「しみる」くらいの症状の場合は、多くの場合神経を残すことができます。

 

 

MTAによる神経の保存

MTAによる神経の保存の例

 

神経を残すことが、歯の寿命を延ばすことにつながります。

歯の寿命が延びることが人生を豊かにすることにつながると確信しています。

「神経をとる」といわれて悩まれている患者様、是非ご連絡ください。

関連記事

  1. 破折ファイル除去
  2. 28日休診および25日診療に関するお知らせ
  3. 小児歯科学会 at 東京に行きました
  4. 診療時間の変更
  5. 滅菌スリッパディスペンサー
  6. お盆休み
  7. インプラント
  8. ためしてガッテン

インプラント(基礎知識編)

インプラント(メインテナンス編)

PAGE TOP