Loading

ブログ

破折ファイル除去

根管治療をしていると、NiTiファイルの場合、歯にファイルが食い込んでしまうことがあります。

食い込みがきついと、歯がファイルをもっていってしまいます。

 

一番右側の歯にある白いものがファイル

一番右側の歯にある白いものがファイル

根管治療の性質上、やむを得ない面もあります。現在の歯内療法の潮流では「感染源とはならないので問題が無ければ、おいておきましょう。」となっています。

でも、もしその下に感染源が残っているとしたら、とらないといけません。

ファイル除去後

ファイル除去後

このように、奇麗にとれました。

ちなみに、

真ん中の銀がファイル

真ん中の銀がファイル

このように、きれいにとれました。あとは、通常の根管治療を受けましょう。

一般の先生も、悩まずに紹介してください!

動画は ここ  https://www.youtube.com/watch?v=27ant-v_JEw&feature=youtu.be

関連記事

  1. 小児専門の総合病院の見学に行ってきました
  2. 小児歯科学会 at 東京に行きました
  3. 休診のお知らせ
  4. インプラントミーティング
  5. 神経をとらないということ
  6. インプラント
  7. ウェブ予約開始!
  8. メールお問い合わせについて

インプラント(基礎知識編)

インプラント(メインテナンス編)

PAGE TOP